· 

冬病夏治

中国では、「冬病夏治(とうびょうかじ)」といって、寒くなる冬に辛くなる病気は、夏に温めて治療(予防)するという考えがあります。

 

夏の陽気が強くなるこの時期は、自然の一部である人体の陽の気も強くなって、気血の流れが旺盛になります。冬になると体調を崩しやすい人は、この陽の気が弱いことが原因と考えて、夏の暑い三伏の時期に、体を芯から温めることで陽の気を補い、冬に病気にならない体づくりをします。

秋冬に陽気不足が原因で起こりやすい病気は、冷え、感冒、喘息、関節痛など。

 

今年の夏は暑いので、冷房や冷たい飲み物をついつい飲み過ぎてしまうかもしれません。陽気不足にならないよう、お風呂つかったり、食べ物で体を温めてあげて気を付けてくださいね♪