アイヌのよもぎ蒸し

北海道の白老にあるアイヌ民族博物館が4月から2年休館と聞いて、慌てて行ってきました。北海道には先住民族であるアイヌの集落が各地にあったのですが、白老は、そのひとつがあった場所。道外の方にはマイナーな白老だと思いますが、温泉があって、美味しいものもあって、とってもいいところです。

エリチセの「チセ」というのは、アイヌの言葉で「家、人の集まるところ」という意味です。昔から何故かアイヌに惹かれてしまうのです。昔のアイヌは、チセで浄化や虫よけのためによもぎを燻していたということを教えてもらい、エリチセでよもぎ蒸しをしていることに不思議な御縁を感じました。そんな昔から受け継がれているよもぎの力を体験してみてください。