砂療法

東城百合子先生で有名な砂療法を体験してきました。


砂蒸しとは違って、自然の砂に穴を掘って埋まるだけという、なんともお手軽な方法ですが、自然の力で身体に溜まった毒素を抜いてれる療法。

昔の人は、「フグの毒にあたったら、土の中に首だけ出して一晩埋まる」という方法で毒を抜いたというから、かなり強力そう。


写真は、猪苗代湖畔にあるペンションでの砂浴合宿2泊3日というものにお世話になったときのもの。何となくコツをつかんで、そのあとは近場の海で埋まっています。


埋まると、砂の重みでか、身体中の血管がドクドクといい、寒気やかゆみ(デトックスしてるとなる)が出てきて、落ち着くとうとうと。。


足の裏が黄色くなったり、身体が紫になったり、夜は何度もトイレに行き、体臭が濃くなったり、怠くなったり、とにかく色々な変化の後、お肌はつやつや、スッキリで終わりました。とにかく身体が軽くなります。


砂に埋まると、数日間の断食に匹敵するとか。

足だけ埋まるだけでもスッキリするのでぜひぜひお試しください。


今月近場の海にまた行きます。

興味がある方ご一緒にどうですか?